産後ダイエットの落とし穴。

それは肌荒れです。

 

あなたはどうして産後ダイエットしようと思いましたか?

痩せたい、元の体型に戻したい、友達の結婚式があるから・・・など理由はいろいろあるでしょう。

 

でも、よ~く考えてみてください。

ただ痩せるだけでいいですか?

違いますよね。

 

妊娠前のように、痩せて綺麗になりたいはずです。

 

でも産後ダイエットって、肌荒れしやすいんです・・・。(経験者です;)

産後ダイエットで肌荒れしやすい理由や、産後ダイエットで肌荒れした時のレスキュー方法をご紹介します。

 

産後ダイエットで肌荒れする3つの理由と対策

赤ちゃんを産んだあなたの体は、栄養不足状態です。

それは胎盤と一緒に、あなたの栄養がゴッソリ出て行ってしまったから。(だから産後に体力がないのも仕方ないことなんです)

 

つまり、産後ダイエットで肌荒れするのは「栄養が足りていないから」です。

・・・なんて言うと「知ってるよ!!」という声が返ってきそうなので、どんな栄養が足りていないのかを具体的にご紹介します。

 

1.タンパク質不足

産後ダイエットを食事だけでやろうとしていませんか?

一食抜けば、確かに体重は減ります。

でもその分、体に必要な栄養素も足りなくなってしまうんです。

 

特に肌荒れ関係しているのが、タンパク質。

肉・魚・卵・大豆製品などに含まれている成分で、骨や血の元になり、丈夫な肌作りに欠かせない成分です。

 

20代以降の女性のタンパク質推奨量は、約50g。

 

「な~んだ、意外と少ないじゃん」と思いましたか?

タンパク質50g=肉50g、ではないですよ。

 

例えば・・・
脂身なしの牛もも肉100gに含まれるタンパク質の量は19.5g、紅鮭1切れだと15.8g、牛乳コップ2杯で13.2gです。

タンパク質豊富な物ばかり食べていたら、カロリーが心配ですね・・・。

 

タンパク質は補いたいけど、カロリーは押さえたい!という人はサプリメントを使うのも一つの手。

食事からたんぱく質を摂取するより吸収率が高い「BBB」などは特におすすめです。プロテインより吸収率が良いと言われていますからね。

 

 

2.炭水化物不足

糖質カット、糖質オフ、低炭水化物ダイエットなどなど。

炭水化物を食べないダイエット方法、流行りましたよね。(なんなら、今も流行っているくらいでしょうか)

 

私もガッツリやった時期がありますが、これは確実に肌荒れします。

エネルギー源になる炭水化物が足りないから、たんぱく質を分解し始めてしまうんです。

 

つまり、炭水化物不足はタンパク質不足につながります。

食べ過ぎは良くないですが、3食のうち2食は炭水化物を食べておいた方が良いです。その方が、実は痩せやすかったりするので。

 

3.全体的な栄養不足

肌荒れのためにビタミンサプリメントを飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

もし手元にサプリメントをお持ちの方は、成分をチェックしてみてください。

どんなビタミンが配合されていますか?

 

実はビタミンは、単体ではうまく働きません。

▼桶の理論▼

あの有名な桶の理論でも言われているように、栄養素はバランスよく摂取する必要があります。

どれか1つでも栄養素が不足していたら、せっかく体に良いものを食べても外に出て行ってしまいます。

 

ビタミンサプリメントを飲んでも肌荒れが治らない人は、おそらく全体的な栄養素が不足しています。

 

とはいえ産後でバランスの良い食事を3食作るのは経済的にも体力的にもキツいもの。

無理なく産後ダイエットを続けるためにも、青汁や酵素ドリンクなどを賢く利用しましょう。

青汁や酵素ドリンクならたった1杯で栄養素がバランスよく補えるので、実は経済的かもしれませんね。

 

まとめ

産後ダイエットで肌荒れしてしまうのは、体内の栄養不足が原因です。

特に意識してほしいのは、タンパク質と炭水化物。炭水化物を完全にカットすると、タンパク質不足にもつながるので気をつけましょう。

 

産後ダイエットは体力勝負!

あれもこれもやらないとダメ・・・となると、子どもや旦那さんにもイライラしてしまうもの。

育児と家事を両立するためにも、サプリメントや青汁などを賢く取り入れるのがおすすめです。

ママだって、ちょっと楽させてもらいましょう。